酒と泪と男とM字ハゲ
*
ホーム > 現金化 > 還元率に影響する営業曜日や営業時間の問題を考える

還元率に影響する営業曜日や営業時間の問題を考える

還元率というものは、クレジットカードの現金化をする場合に、現金の割合になる重要な値です。 

現金がいくらになるのかを決めるのですから、大きく差が生まれる原因にもなるでしょう。均一にしなければいけない決まりはありませんので、少しでも高いところを見つけることが大切です。

この違いは、業者としての利益のとらえ方で変わりますが、実は利便性という部分でも違いが生まれてしまいます。

 

クレジットカードの現金化の業者もいろいろな営業時間があるでしょう。

8時から17時という一般的な企業と同じ営業時間もありますし、土日休みもあるのです。

何か不思議なわけではなく、土日営で24時間対応のところばかりではないです。

確かにこうした業者は、便利なことは間違いありません。

ここには、集客ということがあるから、対応にも違いがあることが重要です。

 

問題は何が還元率に影響しているのかということです。

24時間対応は、確かに便利なですが、還元率が低めに設定してあるでしょう。

それだけ顧客が集まるから、下げてあるのです。

逆に時間を絞ると利用者は限定されることになるため、還元率は高めにして収穫をしています。

 

営業時間の長さも経費に重要な影響を与えます。

人件費がかかることになるのですから、それだけ還元率を下げなければいけません。

24時間対応とすると、単純に3倍の営業時間になり、人が必要になるでしょう。

それだけ経費がかかるのですから、還元率は自動的に下がることになるのです。

参考サイト:http://www.card-gk.com/


タグ :